車のサブスクのデメリットまとめ【失敗しない選び方】

「車のサブスクやカーリースはデメリットだらけなのでやめとけ!」なんて言葉が溢れていますが、一体どこの誰発信なんでしょうか?
いかにも「釣り」って感じで、あまり感心しません。

とはいえ、車のサブスク(カーリース)のデメリットを知っておきたい、って人は多いと思います。
そこでここでは、具体例を挙げつつ車のサブスク(カーリース)のデメリットを詳しく解説していきます。

そして実は、こうしたデメリットは回避できます。
方法は簡単で、契約先を吟味するだけでOKです。

車のサブスク(カーリース)のデメリットを被る可能性が限りなくゼロに近いおすすめの会社も、あわせて紹介しています。

なぜおすすめなのかは、本文を読めば分かります。
いきなり結論だけ見るより、最後まで読むことをおすすめします。

車のサブスクにデメリットを感じる根本的な原因

原因 イメージ写真

車のサブスクやカーリースにデメリットが存在するのは、事実です。

そして車のサブスクやカーリースのデメリットは、複数存在します。

でも実は、車のサブスクやカーリースにデメリットが存在する根本的な理由は、たった1つしかありません。

それは、「返却が前提になっている」ためです。

車のサブスク4つのデメリットを詳しく解説

デメリット イメージ写真

車のサブスクやカーリースは返却が前提になっているので、そこからデメリットがいくつも発生しています。
それが、以下の4つです。

4つのデメリット

  • 使用に制限がある
  • 原状回復義務がある
  • 中途解約は原則不可
  • 残価精算リスクがある

それぞれのデメリットについては、具体例を挙げながら以下で詳しく解説していきます。

使用に制限がある

制限 イメージ写真

車のサブスクやカーリースは借り物なので、大事に使わなければいけません。
借りたモノを汚したり壊したりして返さないのは、常識の範囲内です。

とはいえ、何年も同じ車に乗っていれば、丁寧に乗っていても自然に劣化していきます。
使用制限があるとはいえ、「新車と同じ状態を保て」というムチャ振りをされているわではないので安心してください。

1ヶ月平均1,000㎞未満などの走行距離制限

車 オドメーター 写真 

車は乗って移動するモノなので、走行距離は伸びるのが当たり前です。
とはいえ、過走行車になると車の価値が下がるので制限されています。

平均的な走行距離は、1,000㎞/月です。
サービス提供会社によって制限される距離は違いますが、1ヶ月平均で1,000㎞を超えていると過走行と解釈してほぼ間違いありません。

管理人

「1,000㎞/月」以外では、「750㎞/月」「1,500㎞/月」「2,000㎞/月」「3,000㎞/月」なども見られます。
制限される走行距離が長いほど、月額料金は高くなります。
必要以上に長い距離を選んでしまっても、損となります。

内外装のキズに注意しなければならない

キズが付いた車 写真

キズや傷みがあれば、やはり車の価値は下がります。
なので、内外装にキズや傷みができないような丁寧な使い方をしなければいけません。

内外装含めて、ぶつけたりこすったりしないようにしなければいけません。

ただし、飛び石によるボディの小傷や洗車キズは不可抗力なので、そこまで気にする必要はありません。

ペットとの同乗や車内での喫煙はNG

車に乗っている犬 写真

内装の傷みで「キズ」とともに気をつけたいのが、「ニオイ」です。
ニオイが染みついた車も、価値が下がります。

最たる例が、ペットの動物臭やタバコ臭です。
したがって、ペットとの同乗や車内での喫煙は禁止されています。

管理人

芳香剤は好みが分かれますが、悪臭と思われる可能性があることを知っておきましょう。
本人は良いニオイと思っていても、周りからは「クサい」と思われていたりします。
判断するのは難しいかもしれませんが、匂いの強い芳香剤は使わないのが吉です。

カスタマイズできない

カスタムカー 写真

車のサブスクやカーリースでも、メーカーオプションやディーラーオプションは付けられます。
また、ナビセットなどが用意されている会社もあります。
そのため、希望の装備は自由に選べます。

ただし、納車後の変更はできません。
かっこいいアルミホイールに履き替えたり、インチアップしたり車高を変更したりなどはできません。
マフラーを付け替えたり、社外品パーツでのドレスアップもできません。

もちろん、違法改造なんて許されるはずがありません。

原状回復義務がある

車修理 イメージ写真

車のサブスクやカーリースには、上記の通り使用制限があります。
意図的でなくても、使用制限に違反が認められた場合は原状回復をしなければなりません。

過走行の場合は㎞単価で追徴金を払わなければならない

過走行の追徴金 イメージ写真

過走行の場合は、現状回復ができません。

そのため、契約内容の走行距離制限を超えた場合は、㎞単価で追徴金を支払わなければなりません。
各社によって違いますが、6円/㎞から22円/㎞などとなっています。

外装や内装の損耗を修復しなければならない

板金塗装している車 写真

通常使用の範囲内でできる少々の小キズや劣化なら、原状回復を求められる心配はありません。
ですが、目に付きやすい傷やへこみがあるなら、板金修理や塗装が必要な場合もあります。

「フロントガラスのキズ」や「ヘッドライト付近のキズ」など、特に安全に支障を来すキズがあれば原状回復を求められるでしょう。

納車後の後付け装備は外さなければならない

窓ガラスのフィルム貼り イラスト

納車後のカスタマイズはできないと解説しましたが、車のサブスクやカーリースでは外さなければいけないのでわざわざやる意味がない、という意味です。

厳密に言えば、車のサブスクやカーリースでも、違法改造でなければカスタマイズは可能です。
その最たる例が、窓ガラスのフィルムです。

付けるのはもちろん外すのも自己負担なので、デメリットとして挙げています。

管理人

窓ガラスにフィルムを貼ることもできますが、返却時には剥がさなければなりません。

中途解約は原則不可

NG イメージ写真

車のサブスクやカーリースでは、原則として中途解約はできません。

そのため、思ってもいないデメリットが降りかかってくるケースもあります。

好きなタイミングで乗り換えできない

車 お金 電卓 イメージ写真

サービス提供会社によっては、契約期間中でも返却や乗り換えが可能なケースがあります。
とはいえ、指定期間経過後でなければ認められないケースが目立ちます。

残念ながら、いつでも好きなタイミングで別の車に乗り換えることはできません。
短期間で乗り換えたい人には、そもそも車のサブスクやカーリースは向いていません。

また、途中解約が可能な会社もありますが、オプション契約が必要な場合もあります。

全損事故や盗難は強制解約で車と利用料の二重の支払いに!

ショックで落ち込む男性 イメージ写真

車のサブスクやカーリースでは、中途解約は原則不可です。
「原則」と表記している理由は、やむを得ない事情があるからです。

それが、「全損事故」や「盗難」です。
この場合は、強制解約となります。

車両だけでなく、契約期間の残りの利用料も合わせて返済しなければなりません。

契約者死亡でも月額利用料の支払いは続く

負の遺産を背負う イメージ写真

契約者が死亡した場合でも、支払いは免除されません。
つまり、支払いは続きます。

対応は各社で分かれますが、「強制解約」か「相続人に継承」となります。

残価精算リスクがある

残価精算と書かれたノートとお金と電卓 イメージ写真

車のサブスクやカーリースでは、残価を差し引いた額から月額料金を算出します。
購入する場合より車両価格が安くなりますが、デメリットになる可能性も含んでいます。

残価とは、「契約時に想定した契約満了時の車の残存価値(=買取査定額)」を表します。

車 残価 説明 イラスト

例えば5年契約で、5年後の残価を50万円と想定したとします。
車両価格が200万円なら、月額利用料は150万円÷60ヶ月=25,000円となります。

でも5年後の実際の価値が20万円しかなかった場合、30万円の差額が出ます。
月額料金算出の根拠が崩れてしまうので、この差額を埋めなければなりません。

これを、残価精算と言います。

管理人

残価清算は、買取相場との差額を指します。
キズやニオイ等の原状回復とは、似て非なる物です。

車のサブスクのデメリットを回避できるおすすめのサービス

解決策 イメージ写真

車のサブスクやカーリースには、以上のような4つのデメリットがあります。
でも実は、これらのデメリットを手っ取り早く回避する方法があります。

それは、「車がもらえる」契約をすることです。
冒頭でもお伝えしましたが、車のサブスクやカーリースのデメリットはそもそも「返却」が前提になっているからです。

車がもらえるなら「使用制限」もないので、「原状回復義務」もありません。
1ヶ月に何千㎞走っても構いませんし、ペットも遠慮せずに乗せられます。

車がもらえる契約なら残価設定もしないので、残価精算リスクとも無縁です。

残価を車両価格から差し引かないなら購入と同じ、と思うかもしれませんが、全然違います。
確かに車のサブスクやカーリースのメリットの一つを失いますが、最大のデメリットもなくなります。

→車のサブスク(カーリース)と購入の違いを比較【どっちがお得?】

車がもらえるサブスク一覧

  • 定額カルモくん
  • MOTAカーリース
  • ニコノリ
  • もろコミ
  • SOMPOで乗ーる
  • GMSリース

車がもらえるサブスクでもデメリットは残る

注意事項 イメージ写真

実は車がもらえるサブスクやカーリースでも、すべてのデメリットを解消できるわけではありません。

特に中途解約に関しては、強制解約となる全損事故や盗難が起こったタイミング次第では、回避できません。

ただ、車がなくなったのに支払いだけが残る状況は、ローンで購入した場合でも同じです。
車のサブスクやカーリース特有のデメリットではありません。