車のローンに通らない時どうする?【今すぐできる対処法8選】

車のローン審査に落ちたけどどうすれば通るのか、そんな方法があるなら知りたいとは思いませんか?

実は車のローン審査に通らない理由は、いくつか考えられます。
それらすべてを解消すれば審査には通るわけですが、これではあまりにも非現実的過ぎて実用的ではありません。

そこでここでは、今すぐ車が欲しいけど車のローンに通らないあなたがどうするべきなのか、現実的で実用的な方法を解説していきます。

どれも今すぐ実践できて、即効性のある対処法となっています。

実践すれば、車のローン審査に通る可能性が高まるでしょう。

審査に通れば、今すぐ希望する車に乗れるようになります。

車のローン審査に通らない場合はどうする?対処法8選

解決策 イメージ写真

ここでは、車のローン審査に通らない時どうするかについて解説していきます。
どれも今すぐ実践できて、即効性のある対処法に絞り込んでいます。
すべてを必ず実践する必要はないので、できるものを取捨選択してみてください。

即効性のある対処法8選

  1. 支払いの滞納があれば解消しておく
  2. 下取りだけでなく買取も検討する
  3. 頭金を入れる
  4. 車種・グレード・装備を見直す
  5. ローンの申込先を変更する
  6. 家族や親戚に保証人を頼む
  7. 家族に買ってもらう
  8. カーリースを検討する

支払いの滞納があれば解消しておく

支払いの滞納があれば、それだけでローンの審査には通らなくなります。
税金、公共料金、携帯電話料金、クレジットカードなど、もし滞納しているものがあるならすべて解消しておきましょう。

下取りだけでなく買取も検討する

ディーラーに下取りを入れようと考えているなら、他社での買取を検討してみるのもひとつの方法です。

特に買取専門業者なら、ディーラーの下取り価格よりも高額な査定額をつけてくれる可能性もあります。

買取一括査定

頭金を入れる

諸費用分程度の頭金をお願いされているなら、できれば用意した方が審査には通りやすくなります。
もし可能なら、更に頭金を入れて元金を減らすことで、ローンの審査に通りやすくなります。
必ず通るとは断言できませんが、審査のハードルが下がるので有効です。

車種・グレード・装備を見直す

車のローン審査に通らない原因に、元金が大きいことが影響している可能性も考えられます。
車種やグレードや装備を見直すことで元金を小さくすれば、ローン審査に通りやすくなります。

もしも車種を妥協できるなら、検討するべき項目です。
また、新車から中古車への変更でも元金を小さくできるので、検討してみるといいでしょう。

ローンの申込先を変更する

車のローンを組む際には、いくつか選択肢があります。
主な選択肢としては、「銀行ローン」か「ディーラーローン」です。

銀行ローンと一言で言っても、「都市銀行」「地方銀行」「信用金庫」などがいくつか種類があります。
都市銀行よりも地方銀行、地方銀行よりも信用金庫の方が審査には通りやすい傾向があります。

ディーラーローンは、複数の信販会社と提携しています。
また、まったく同じ支払い条件でも経営母体が違うディーラーなら、審査基準が違うケースもあります。

数社を回る手間はかかりますが、実践してみる価値は充分あります。

家族や親戚に保証人を頼む

本人が単独で審査に通らなくても、保証人を付ければOKなケースがあります。
もしも保証人の話をされているなら、家族や親戚に頼んでみましょう。

家族に買ってもらう

本人ではどうしても審査に通らないなら、家族に買ってもらうのもひとつの選択肢です。
家族の誰かが車を買ってあなたが乗る、という形です。

代表的な例が「親ローン」で、買ってくれた家族に毎月返済するなどです。
あくまでも、家族間での交渉がメインとなります。
相談できるならしてみましょう。

カーリース(サブスク)を検討する

車は購入するモノだという先入観が強いと思いますが、車の世界にも実はサブスクがあります。
それが、カーリースです。

カーリースもローンと同様、審査に通らなければ利用できません。
ですが、カーリースはローンより審査に通りやすいと言われています。
また、頭金も一切不要で新車に乗れます。

購入と変わらない乗り方もできるので、利用者は年々増加傾向にあります。

車のローン審査に通らない場合はどうする?対処法番外編

番外編 イメージ写真

車のローン審査に通らない場合、対処方法は実は他にも存在します。
ただ、今すぐ車が欲しい人にとっては現実的ではないので番外編としました。
参考のために、掲載だけしておきます。

番外編

  • 現金一括購入
  • クレジットカードで購入
  • 勤続年数が1年以上になるのを待つ
  • 信用情報がキレイになるまで待つ

現金一括購入

現金一括購入できるなら、ローン審査には申し込んでいないでしょう。
ですがもし仮に、それだけの使える現金があるなら、選択肢としては有効です。
全額でなくても、頭金に使えば元金を大幅に小さくできます。

クレジットカードで購入

クレジットカードでの購入もひとつの選択肢ですが、利用限度額があるので高額な車の購入には不向きです。

利用限度額内に収めるためには、車種を変更したり新車から中古車に変えるはずです。
そこまでするなら、クレジットカードを使わなくてもローン審査に通る可能性は高まります。

勤続年数が1年以上になるのを待つ

勤続年数が足りないことが、審査に通らない原因になっているケースもあります。
この場合は勤続年数さえクリアすればOKですが、年単位で待つ必要があるので実用的ではありません。
今後に備えるなら、短期間での転職を繰り返さないことです。

信用情報がキレイになるまで待つ

もしもブラックリストに載っていると、信用力が著しく損なわれている状態と言えます。
具体的には、自己破産や債務整理や返済の延滞といった事実があるかどうかです。

とはいえ一生モノではないので、一定期間が過ぎれば信用情報は回復すると言われています。
もちろんその間は、信用情報に傷の付く行為をしてはいけません。

ただ、今すぐ車が欲しい人にとっては実用的ではありません。
もしも該当するなら、今後の参考にしましょう。

まとめ

まとめ イメージ写真

車のローン審査に通らない場合どうするかを解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
方法をいくつか挙げましたが、大きなポイントは2つです。

ポイント

  1. 元金を小さくする
  2. 審査する相手を変える

上記は、このための具体的な方法です。

ただ、「車種の妥協」や「家族を頼る」などは精神的なハードルが高いでしょう。
審査に通りやすいローンは金利が高いという特徴もあります。

カーリース(サブスク)は除外してしまいがちですが、むしろ真っ先に実践してみることをおすすめします。
カーリース(サブスク)と購入の違いも、あわせてチェックしてみてください。