車の所有権留保のメリットと解除するデメリット

車検証の使用者と所有者の違いが気になっていませんか?
例えばディーラーでローンを組んで車を購入した場合、所有者はディーラーになっていたりします。
リース契約すれば、所有者はカーリース会社になっています。
これを、所有権留保と言います。

この車の所有権を解除したがる人が多いようですが、別にしなくても大丈夫です。
特に所有者がディーラーや信販会社など信用力の高い企業なら、倒産リスクも低いのでそのままにしておいても問題ありません。

ここでは、車の所有権留保のメリットとともに、所有権解除のデメリットについて解説していきます。

また、なぜ車の所有権解除をしたがる人が多いのかについても考察してみました。

車の所有権留保とは?

車検証 イラスト

車の所有権留保をザックリ言えば、車検証の所有者と使用者が違う状況です。
車をローンで購入したりリース契約した場合に、所有権留保されます。
厳密に言えば、現金一括購入でも車の登録前までに支払いが完了していなければ、所有権が留保されます。

例えば、ディーラーでローンを組めば所有者はディーラーになり、リース契約すれば所有者はカーリース会社になります。

ではなぜ所有権留保されるのかといえば、支払いが完了していないからです。
全額支払えなくなった場合でも、所有権を抑えておけば現車を引き上げて回収できます。
また、完済していないのに勝手に売却されることを防げます。

どちらも最後まで滞りなく支払えば、私たち購入者が所有権留保の厄介になるケースはありません。
つまり車を利用する上で、所有権がどこになっていようとまったく関係ないんです。

車の所有権留保のメリットと所有権解除のデメリット

メリットデメリット イメージ写真

車を使用する上では、所有権留保は何の影響力も持ちません。
でも、車の買い換えや売却の際の名義変更手続きを丸投げできるという大きなメリットがあります。

車の売買は、普通であれば「ディーラー」「買取業者」「中古車販売業者」のはずです。
特に信用力が高い企業が所有者になっているなら、気にすることはありません。

逆に所有権解除をしてしまうと、まず所有権解除の手間がかかります。
そして、車の買い換えや売却の際に自分ですべきことができてしまいます。



ここでの所有権留保は、所有者がディーラーやカーリース会社、信販会社になっているごく一般的なケースで、なおかつ完済している状況を想定しています。

それでは、具体例を見ていきましょう。

売却時の手続きが簡単

人差し指を立てるビジネスマン 写真

まず前提として、支払いを完了させていなければ車の売却はできません。
ここでは、個人売買は想定していません。

車を売却すると売却先に名義変更されますが、所有権留保されている方が手続きが簡単です。
名義変更の際に必要な譲渡証明書を所有権者に請求するだけで済むからです。
しかもこの請求をするのは、車を買い取った業者側です。

また、完済証明(支払い完了を証明する書類)の請求は本人が行うケースもありますが、車検証の名義変更手続きは買取業者側で行うのが普通です。

つまり、使用者である私たちがすることは特にないんです。



逆に所有権解除している場合は、所有権者の委任状が必要になります。
委任状にはあなたの実印が必要なので、印鑑証明を取りに行く手間と手数料が必要になります。

盗難されて勝手に売却されるリスクがない

車を不法に転売する怪しい人物 イラスト

本人所有の軽自動車の場合、認め印で簡単に名義変更が可能です。
その後勝手に売却されてしまう可能性も、なくはありません。

車の所有権解除しないとどうなる?

how イメージ写真

結論からいえば、所有権解除しなくても何の影響もありません。

車のローンや支払いが完了すれば、所有権留保の役割も終了します。
そのタイミングで所有権解除は可能となりますが、あえてする必要もありません。

車の所有権解除をしたがる理由

理由 イメージ写真

車の所有権解除をしたがる人が多いようですが、その理由が気になったので調べてみました。
どうやら、ネット界隈ですすめられていることが原因のようだという結論に至りました。

その結果、次のような思い込みや勘違いが起こっているように感じます。

所有権解除を希望する理由

  • 所有権解除はしなければならないと思い込んでいる

  • 売却や廃車の際に不都合があると信じている

  • 所有権留保されていると手続きが面倒臭いと信じている

  • 単なる見栄

所有権解除はしなければならないと思い込んでいる

所有権は必ずしも解除する必要はありません。
所有権が付いていても下取りに出せますし、完済していれば売却もできます。

売却や廃車の際に不都合があると信じている

所有権が付いていても、売却や廃車の際に不都合なんてありません。

業者に売却するなら手続きは業者側がすべて行ってくれます。
下取りに出して廃車になる場合も同様です。

自分で廃車の手続きをするなら、「完済証明」をして「譲渡証明書」を取り寄せれば抹消登録(廃車)できます。

所有権留保されていると手続きが面倒臭いと信じている

車の売買をする相手が「ディーラー」「買取業者」「中古車販売業者」なら、私たち(使用者)がすることは特に何もありません。

あるとすれば、残債の一括返済です。
とはいえ、支払い途中で車を買い替える場合でも、次の車に残債を組み込むことは可能です。

単なる見栄

所有権が自分になっていないと気に入らない、という人がいます。
それ自体に問題はないので、どうしても本人所有にしたければ所有権解除した方がスッキリするでしょう。

まとめ

まとめ イメージ写真

車の所有権留保のメリットと所有権解除のデメリットを解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
「そんなもの気にする必要なんてないんだ」と思って頂けていれば、幸いです。

ローンで車を購入する場合やリース(サブスク)する場合、本人所有には絶対になりません。
それでも、車を使う上では何の支障もありません。

支払いさえキチンとしていれば所有権なんて関係ない、と覚えておくといいでしょう。