車のサブスクとカーリースの違いを比較【実はたったコレだけ!】

「車のサブスク」と並んでよく聞くサービスに、「カーリース」があります。
でも「車のサブスクとカーリースの違いがよく分からない…。」って人は多いんじゃないでしょうか?

結論からいえば、車の「サブスク」と「カーリース」はほぼ同じ意味で使われます。
つまり、「頭金不要の月々定額で一定期間新車に乗れる」ことを意味しています。

付け加えるなら、自動車メーカー系が「サブスク」、それ以外が「カーリース」と言っているケースが多いです。

とはいえ、詳しく比較すれば違いや共通点はあります。
そこでここでは、車のサブスクとカーリースの違いを比較して、両者の違いや共通点を解説していきます。

管理人

自動車メーカー系の「サブスク」と非メーカー系の「カーリース」では、違いがあるにはあります。
ただ、車のサブスクとカーリースをわざわざ分けて考える必要はありません。
自動車メーカー系と非メーカー系の違い、という視点で見ると分かりやすいかもしれません。

車のサブスクとカーリースの違いを比較

比較 イメージ写真

似た物同士の「車のサブスク」と「カーリース」にも、実はいくつか相違点が存在します。
「車のサブスク」と「カーリース」の違いを比較して、以下にまとめました

「車のサブスク」と「カーリース」の違い

比較項目 車のサブスク カーリース
契約期間 短め 長め
残価の処理方式 クローズドエンド方式 オープンエンド方式
メンテナンス内容 多い 少ない
任意保険 ×
任意保険の等級引き継ぎ ×
中途解約 ×
月額料金 高め 安め

車のサブスクとカーリースの違いは、この程度しかありません。
しかもこれはあくまでも傾向の話なので、すべてがこの通りというわけではありません。

契約期間の違い

「車のサブスク」と「カーリース」を比較すると、契約期間の長さに違いが見られます。
メーカー系は短めで、非メーカー系は長めな傾向です。

残価の処理方式の違い

「車のサブスク」と「カーリース」の比較で一番チェックしたいポイントが、残価の処理方式です。
ただし残価の処理方式については、分け隔てなくチェックすべきポイントです。
ちなみに、「カーリース」でも残価精算不要のクローズドエンド方式が増加しています。

残価処理とは?

車 残価 説明 イラスト

残価とは、契約期間満了時の車両の残存価値の略。

車のサブスクやカーリースを契約する際には、将来の車の残存価値(=査定価格)を想定して車両価格から割り引く。

残価処理とは、契約時に設定した残価と契約満了時の買取査定額の差を埋めること。
その方法には、「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2つがある。

「オープンエンド方式」なら、差額が出た場合は清算される。
設定残価が査定価格を上回ることは皆無に等しいが、その場合はリース会社からユーザーに差額が返金される。
逆に設定残価が査定価格を下回った場合は、差額の支払いを迫られる。

「クローズドエンド方式」なら、残価精算は行われない。

査定価格は市場のトレンドに大きく影響されるのはもちろん、使用状況によっても下落する。
「走行距離」「キズ」「汚れ」「ニオイ」など、車両価値を下げる要素は複数ある。

クローズドエンド方式では市場価格との差額を補填する必要はないが、使用状況による価値下落の責任は原状回復という形で負わなければならない。

過走行の場合は回復不可のため、㎞単価で追徴金の支払いとなる。

メンテナンス費用の違い

メンテナンス費用には、車検整備費用や法定点検費用、消耗品の交換費用などが含まれます。

「車のサブスク」は月額料金にメンテナンスが標準で含まれ、しかも内容はMAXレベルで充実しています。

一方「カーリース」のメンテナンスはほぼオプション契約が必要で、メンテナンスプランの内容を選択できるようになっています。

任意保険の違い

車のサブスクとカーリースの一番大きな違いが、任意保険です。
車のサブスクには任意保険が月額料金に含まれますが、カーリースは基本的に含めることもできません。

車のサブスクでは個人で契約している任意保険は利用できないので、注意しましょう。
カーリースでは現在加入中の任意保険は等級を引き継いで利用できますが、支払いは別になります。

また、車のサブスクやカーリースで任意保険に加入する際には車両保険が必須です。
その際に注意したいのが、リースカー特約の有無です。
車の契約期間中に全損事故を起こせば、車両代金だけでなく残り期間の月額料金も払わなければなりません。
一般の車両保険ではここまで補償されないので、注意しましょう。

リース会社では、カーリース特約付きの任意保険も扱っているケースが多いです。



車のサブスクの任意保険には、等級が存在しません。そのため、免許取り立ての人も無事故歴が長いゴールド免許の人も、保険料は同じになります。

もしも無事故続きで割引き等級が進んでいるなら、サブスクでは損する可能性が高くなります。
逆に免許取り立ての人や等級の低い人は、サブスクの方が得する可能性が高くなります。

月額料金の違い

以上の点から、月額料金は「車のサブスク」の方が高くなりがちです。
ただし、メンテナンスや保険が手厚いので安心感は高いです。

車のサブスクとカーリースの共通点

共通点 イメージ写真

車のサブスクとカーリースには、共通点もたくさんあります。
別々に考える必要がないのは、基本的な部分が同じだからです。

車のサブスクとカーリースの共通点

  • 利用には審査通過が必須
  • 契約期間は年単位が基本
  • 頭金不要の月々定額で一定期間新車に乗れる
  • 月額料金には契約期間中の自動車税・重量税・自賠責と登録諸費用等が含まれる
  • 走行距離やカスタマイズなど利用上の制限がある
  • 各社で取り扱い車種が違う
  • 基本的に残価設定される
  • 車庫証明が必要
  • 「わ」ナンバーにはならない
  • 希望ナンバーの取得可
  • 駐車場代やガソリン代は自己負担

まとめ

まとめ イメージ写真

車のサブスクとカーリースの違いを比較してきましたが、いかがだったでしょうか?
実質的にはどちらも同じモノなので、敢えて別物として扱う必要はないと分かったんじゃないでしょうか?

となれば、次はどこで契約すべきかの検討です。



また、車のサブスクには他にもまだ似たサービスがあります。
残クレも同じように残価を設定します。
レンタカーも「借りる」という点は同じです。

それぞれの比較については、別ページで解説しています。
気になる人は、是非チェックしてみてください。