車のサブスクと購入の比較【5年間の支出合計を完全シミュレート】

車のサブスクやカーリースの方が購入するより安くてお得、って聞いたことはありませんか?

でも具体的にどの位安いのかなぜサブスクやカーリースの方がおすすめなのかまではよく分からないんじゃないでしょうか。

単に車のサブスクやカーリースを勧めたいがために、そういうスタンスを取っているように感じることは多々あります。

そこでここでは、「どこよりも詳しくわかりやすく公正に」をモットーに、車のサブスクと購入それぞれの5年間の支出合計を算出しました。

新車登録から5年間の使用(2回目の車検は受けない)を前提に比較しています。
この5年間に払わなければならない「自動車税」「車検法定費用」「車検整備費用」「メンテナンス費用」「任意保険料」をすべて含んだシミュレーションでの比較となっています。

また、なぜ購入よりサブスクやカーリースの方がおすすめなのか、その理由も納得できる形で解説しています。

車のサブスクと購入5年間の支出総額の比較

  • KINTO アクア 支払いシミュレーション
  • アクア 一括払い 支払いシミュレーション
  • アクア 60回払い 支払いシミュレーション

今回比較した車は、トヨタのアクア、グレードはXです。

KINTOでは

2,732,400円

これに対し、トヨタ自動車の支払いシミュレーションと5年間の維持費の合計では、

購入では

一括払いが2,820,670円
60回払いが3,136,056円

となりました。
つまり、

サブスクの方が

  • 一括払いより88,270円安い
  • 60回払いより403,656円安い

という結果となりました。
内訳は、以下の通りです。

車のサブスクとローン購入【5年間の支出合計の比較】

支払い内容 KINTO 現金一括購入 ローンで購入
車両代 2,090,000円 2,090,000円
オプション料 202,400円 202,400円
税金・諸費用 154,440円 154,440円
割賦手数料 0円 315,386円
車の購入費用① 2,446,840円 2,762,226円
自動車税合計 122,000円 122,000円
重量税合計 24,600円 24,600円
自賠責合計 20,010円 20,010円
印紙代合計 1,000円 1,000円
メンテナンスパック
(54ヶ月)
78,100円 78,100円
任意保険合計 260,000円 260,000円
5年間の維持費② 427,610円 427,610円
毎月の支払い 45,540円 43,400円
支払い回数 60 1 60
合計③ 2,732,400円
5年間の支出合計
①+②+③
2,732,400円 2,820,670円 3,136,056円

KINTOでは専用装備があるため購入の場合とまったく同じ装備にはできませんが、機能的には揃えて比較しています。

分割払いは、60回均等払い・頭金0円・実質年率4.9%です。
信販会社等によっても、実質年率は変わります。
割賦手数料とは、いわゆる利息です。

車のサブスクやカーリースでは、契約期間中の「自動車税」「車検法定費用(重量税、自賠責、印紙代)」が含まれます。

「メンテナンス費用」は、オプションで組み込めるケースが大半です。

「任意保険」は別契約が大半で、月額料金には基本的には組み込めません。

ただしKINTOの場合は、メンテナンス費用も任意保険も最初から月額料金に含まれています。

貯蓄を放出するか月額料金を支払うかの選択

ブタの貯金箱を割ろうとする様子 写真

車のサブスクやカーリースと現金一括購入の5年間の支払総額を比較した結果を見ても、大したお得感を感じなかったんじゃないでしょうか?

しかも車のサブスクやカーリースの場合、契約期間が終了すればその車には乗り続けられないのが基本です。
契約先と契約内容によっては「もらえる」場合もありますが、基本的には「車ナシ」か「乗り換え」のどちらかになります。

購入の場合は車が手元に残るので、引き続き乗り続けられます。
買い替えて乗り換える時には下取りにも出せるので、次の車の費用にも充てられます。

5年で査定額が付かないなんてことは、あまり考えられません。
次の車の購入費用まで考えると、車のサブスクやカーリースよりも一括購入の方が安いと考えられます。

ただしそのためには、多額の貯蓄を放出しなければなりません。

この点は、充分考えて判断する必要があります。

車のサブスクやカーリースの方が購入よりおすすめな5つの理由

プランAとプランB 写真

車のサブスクやカーリースの方が購入よりお得な理由がよく分からない、って人は多いと思います。
5年間の支払総額の比較を見ても、まだピンと来ないかもしれません。

そこでここでは、車のサブスクやカーリースの方が購入よりおすすめな理由を5つ解説します。
単なる「流行り」ではなくしっかりした実用的な理由があるので、しっかり確認しておいてください。

5つの理由

  • 貯蓄を切り崩す必要がない
  • マイカーローンより負担が小さい
  • 金利手数料がかからない
  • 高コスパのメンテナンスで安心感が段違い
  • 任意保険の等級ダウンリスクがない

貯蓄を切り崩す必要がない

ライフイベントとお金 イメージ写真

貯蓄を何に使うかはもちろん自由ですが、まとまったお金は取っておくのも一つの選択肢です。

今後の人生において、まとまったお金が必要になる場面には何度も出くわすはずです。
「結婚」「出産」「子どもの教育費」「マイホーム購入」などなど。

車のサブスクやカーリースなら、車関連の費用を月額料金に含められます。
毎月の家計管理が楽になる点も、覚えておきましょう。

マイカーローンより負担が小さい

電卓を使う女性の手 写真

ローンを組んで買う車の毎月の支払い額を抑えるためには、「頭金を入れる」「ボーナス併用払いにする」「支払い回数を伸ばす」という3つの方法があります。

それとは別に、マイカーローンでは諸費用分程度の頭金をお願いされることはよくあります。
また、ローンを組んで購入する場合は、一般的には84回払い(7年)が最長です。

でも、車のサブスクやカーリースなら頭金不要で今すぐ新車に乗れます。
しかも、毎月の支払額はマイカーローンより無理のない金額に抑えることもできます。

なぜなら、支払い回数の上限がマイカーローンよりも長いからです。
車のサブスクやカーリースでは、契約先にもよりますが、最長132回(11年)まで可能なんです。

つまり車のサブスクやカーリースの方が、マイカーローンよりも毎月の負担を小さく抑えられます。

金利手数料がかからない

無利息 イメージ写真

参考までに言えば、車のサブスクやカーリースでは金利はかかりません。

ローンを組んでの分割払いと比較した場合は、金利手数料分もお得になります。

高コスパのメンテナンスで安心感が段違い

自動車整備工場 写真

車に乗る以上、メンテナンスは欠かせません。
法定点検や車検はもちろん、消耗品の交換だって必要です。

メンテナンス費用は、1,500ccのコンパクトカーでも年間53,000円程度かかります。
1ヶ月に換算すると、約4,417円です。

車のサブスクやカーリースではメンテナンスパックをオプション契約できますが、充実の内容をお得な料金で追加できます。
契約先や内容にもよりますが、月額1,000円台から6,000円台で月額料金に追加できます。



ところで、車のサブスクやカーリース以外でもメンテナンスパックが販売されているのをご存知でしょうか?
一定期間のメンテナンスを割引価格で受けられるパッケージ商品です。

実は各メーカーのディーラーで新車を購入する際にも、メンテナンスパックを付けられます。
ちなみにオートバックスでも扱っていますし、もしかしたら他のカー用品店やガソリンスタンド等でも扱っているかもしれません。



車を購入した場合、点検整備をどこで受けるかはあなたの自由です。
ディーラーだろうと町工場だろうと、ガソリンスタンドやカー用品店だって構いません。

その代わり、メンテナンスのスケジュールは自分でしっかり管理し、金額だけでなく内容も吟味して入庫先を決める必要があります。

安かろう悪かろうでは、車の寿命を短くしてしまいます。
でもその点車のサブスクやカーリースでメンテナンスパックに加入していれば、これらの心配はいりません。

入庫先は、各メーカーのディーラーがメインです。
技術的には間違いないので、これ以上の選択肢はなく安心して任せられます。

車のサブスクやカーリースでは返却が基本なので、もしも不具合があれば原状回復しなければなりません。
もし整備不良が原因で原状回復が必要な問題を抱えてしまったら、悔やんでも悔やみきれない大きな出費をするハメになります。

任意保険の等級ダウンリスクがない

KEEP イメージ写真

車のサブスクやカーリースを利用する場合は、リースカーに対応した任意保険に加入します。
万が一全損事故や盗難に遭った場合に、車だけでなく残りの契約期間の利用料まで補償してくれるためです。

車を購入した場合に加入する一般的な任意保険との違いは、補償範囲だけでなく等級にも見られます。
リースカーに対応した任意保険の契約期間は、車の契約期間と同じになります。
そして、契約期間中に事故を起こしても等級ダウンしないので、保険料も変わりません。

参考までに言えば、現在加入中の任意保険の等級を引き継いで、リースカーに対応した任意保険に加入できるケースもあります。

車のサブスクやカーリースなら今すぐ新車に乗れる

ドライブする女性達 写真

車のサブスクやカーリースと購入はどっちがお得なのかをどこよりも詳しく具体的にシミュレーションして比較しましたが、いかがだったでしょうか。

維持費まで含めて考えても、車のサブスクやカーリースの方が購入より支払総額は少なく済むことが分かりました。

しかも貯蓄を取り崩す必要もありませんし、頭金を用意する必要もありません。

ローンより長い回数で支払えるので、毎月の負担を小さくできます。

車のサブスクやカーリースなら、今すぐ新車に乗ることができます。